ロードバイクでツーリング

ロードバイクを手に入れると、やっぱりツーリングをしたくなると思います。
もちろん通勤や通学などにロードバイクを使うというのもいいと思います。

日頃の生活に取り入れることでロードバイクに乗る頻度も多くなれば、
ロードバイクにも愛着もでるでしょう。

誰かと一緒にツーリングすることも、
ロードバイクの楽しみの一つです。

ただ、普段ロードバイクに乗るのとツーリングは少し違うということを知っておいた方かもしれません。

スポンサーリンク

ロードバイクでツーリングをする時の持ち物

ツーリングする時の持ち物はロードバイクで走る距離によって変わってくると思います。

例えば、家の近辺を走るくらいであれば、身軽さ重視がいいでしょう。
だから、携帯電話・タオル・お金くらいがあれば問題ありません。
少なくとも、私はこれくらいしか持って行きません。

ですが、距離が長い、いわゆる長距離ツーリングなどになると、
上記に書いているもの+着替え・携帯空気入れなどが増えてくる感じです。

ロードバイクのツーリングの距離

どれくらいの距離をロードバイクでツーリングするのかということはよく聞かれる質問です。

びっくりされることもよくあるのですが、
「今日はロードバイクでツーリングしよう!」という日は1日100キロ前後というところです。

これを聞いて、初心者の方や、ロードバイクや自転車に乗らない人はびっくりするのですが、
全然普通で、自転車乗りからすると、一般的な距離で「ふ~ん」くらいの距離です。

もちろん、ツーリングをする距離などは、その日の天候やコース(坂道や平坦)、自転車の種類など、個人の体力によって変わってくるものです。
一概に『この距離だ!』という正解はありません。

目安でいうと、ロードバイクの1日のツーリング距離は、
休憩を入れながら、男性で80キロ、女性で60キロと言われています。

ロードバイクのツーリングで使用するタイヤの種類

ロングツーリングの場合になります。
自転車乗りの人の中には、若いときの思い出作りや経験で、日本一周や近畿一週などをする人がわりといるんです。
社会人になったりすると時間が思う様にとることは難しいですからね。

そういったロングツーリングの際には、タイヤのサイズが大切になってきます。
ロードバイクというマシーンは、基本的にはびっくりするくらいタイヤの幅が細いです。

タイヤの幅が細いことで地面と接する部分が少なく抵抗がなくなり、
それだけ早く走れるということなんですが。

ロングツーリングになると早く走るということよりも長く走るということを意識しなければなりません。
普段タイヤのサイズが23Cとかが多いかもしれませんが、25~28Cくらいがベストになると思います。
一般的にトレーニング用やツーリング用といわれるタイヤのサイズになります。

ロードバイクにはツーリングコースがある

自宅周辺を走るなどの自分で決めたツーリングコースを走るのもいいですが、
施設などサイクリングコースや国土交通省が発表・紹介しているサイクリングコースなどもあるんです。

そんな中でも自転車乗りから長年評判が良く、”日本一のサイクリング道”と呼ばれているコースがあります。
それは、本州と四国をつなぐ「しまなみ海道」なんです。

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を6本の橋で結ぶ、全長80キロの瀬戸内海横断サイクリングコースになっています。
ちなみに、日経プラスワンの「おすすめのサイクリングコース」でも1位に輝いたこともある名コースです。

絶景に囲まれ、また、ご当地グルメを堪能しながら、寄り道をしてポタリング(自転車散歩)を楽しむ人も多いようですよ。

ロードバイクやクロスバイクを購入したら、一度は行ってみたいサイクリングコースの1つになるんではないでしょうか。

ロードバイクでツーリングする時のバッグ

ロードバイクでツーリングする時のバッグのおすすめはリュックです。
かなりの長距離のツーリングになると、自転車に荷物をくくりつけるといったこともあるのですが、
せっかくのロードバイクの軽快感がなくなると嫌がる人も結構います。

メッセンジャーバッグという選択肢ももちろんあるのですが、
荷物が多いなどの場合はリュックの方が断然楽ですよ。

あと、あまりに重い荷物を持つことは、自転車にも負荷がかかるので、気をつけましょうね。
ロングライド(自転車旅行的なもの)をする場合はタイヤは太いものにするべきです。
細いタイヤだとパンクしやすいですから。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加