ロードバイクの中古

ロードバイクの中古といってもさまざまなんです。
その理由には、ロードバイクというものは、たくさんのパーツから出来ているからです。
もちろん、中古ですから状態もさまざまですね。

また、中古といえば当たり外れがあるということも忘れてはいけません。
同じものは2つとないのです。

それは、ロードバイクも同じことです。
そして、中古のものを購入するのは、初心者には、少し難しいかもしれません。
勉強が必要になってきます。

しかし、それはロードバイクを乗る上で、今後、必要になってくる知識かと思いますので、
人によっては、早いか遅いかの違いだけかもしれません。

スポンサーリンク

ロードバイクの中古の値段

ロードバイクの中古の値段はピンキリです。
ピンキリといえば・・・それまでなんですが・・・。
ピンキリと言ってしまえば、新品のロードバイクもあてはまってきますしね。

中古のロードバイクの購入を検討するなら、まずは状態が気になるところとなります。
実はロードバイクは消耗品なんです。

例えば、タイヤやブレーキ、フレームやペダルなども使っていくうちにどんどん錆びれてきてしまいます。
味が出てくるともいうかもしれませんが・・・

ですから、ロードバイクの中古の値段の相場は難しいものなんです。
それに、タイヤ1つで10万円という、今までママチャリと呼ばれる様な、
いわゆる普通の自転車に乗っていたというロードバイクの初心者には想像もつかない様な値段のものなんかザラにあります。

そういった部分で中古のロードバイクを購入するには知識が必要になってくるということです。
ロードバイクの初心者の方には安さで選ぶ中古なら、少し頑張ってみて新品のロードバイクを購入する方がいいかもしれません。

ロードバイクの中古を通販

ロードバイクの中古の購入を検討しているということは、
少なからず、できるだけ安く購入したいという方が多いかもしれません。

ネット通販することで、さらに安く購入することができます。
オークションなどでもロードバイクは多く出品されています。
こまめに閲覧することで、自分の目当てのロードバイクに出会うこともできると思います。

しかし、やはり、ロードバイクを中古で購入するということを忘れてはいけませんよ。
購入する予定のロードバイクの前の所有者がどんな人なのか明確な方がベターです。

それは、どれくらい、そのロードバイクが大切に乗られていたのかということもわかるからです。
それは、そのまま、ロードバイクの状態にも直結してくるものでしょう。

ロードバイクの中古フレーム

ロードバイクのフレームは乗り方やメンテナンスの仕方や方法(頻度)などでも劣化する度合いが変わってきます。
中古のロードバイクの購入を検討しているなら、やっぱり前の所有者さんの保管具合は大切になってくるのです。

もちろん、ロードバイクの中古が全部ダメなわけではありません。
新品同様のものもあるので、中古の場合は、本当に出会いが大事なってくるわけです。

ロードバイクの中古パーツ

ロードバイクの中古パーツは、幅広くあります。
オークション(ヤフオク)などを見ても分かる様に本当になんでもあります。

ヘルメットやサドル、ホイール、ステムまでパーツの種類がたくさんありますね。
パーツを中古で購入するならお試し程度に考えるくらいが一番いいかもしれません。

値段も中古ならではの手ごろなものとなります。
使ってみて本当に欲しいと思うものなら新品で購入といった感じで考えてみてはどうでしょうか?

例えば、ロードバイクの中古パーツの1つにサドルがあります。
しかし、私は中古のサドルはおすすめできません。
なぜなら、ロードバイクのサドルというのは、モノによっては、乗っている人の形になるからです。

ロードバイクを乗る人のクセがでてきてしまうのです。
形になるからこそ、ロードバイクが乗りやすくなるのですが、それが他人のものとなると・・・
全くの逆になってしまいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加