ロードバイクに乗る楽な姿勢は慣れることが重要

ロードバイクに乗る楽な姿勢は慣れることが重要

ロードバイクに乗る楽な姿勢というのは・・・結論から言いますと、”ロードバイクに慣れる”ことです。

ロードバイクにおしりの痛くない乗り方はあるのか?

初心者の頃は、今までママチャリや普通の自転車(トンボとかカマキリとか)に乗っていて、ロードバイクに乗り換えたばかりで、サドルの硬さや、ハンドルまでの距離などにびっくりすると思います。

しかしそれは慣れにほかなりません。

ロードバイクに慣れるということは、ロードバイクに乗るための必要な筋肉が作られていくということです。

結果、楽な姿勢になっていくということです。

結果論みたいになっていますが・・・^^;

スポンサーリンク

ロードバイクの楽な姿勢を求めると

ロードバイクのサドルは硬いものですし、ハンドルまでの距離は遠いものです。
もちろんサドル交換やハンドルまでの距離も調整できたりしますが、

ロードバイクの持ち味であるスピードを出すことができません。

街乗り目的でのロードバイク使用であれば、サドルを交換して、ハンドルまでの距離も自分の一番楽な位置までずらすということでいいと思います。

初心者の間はどれだけロードバイクに触れ合うかも大事だと思います。

ロードバイクと触れ合っている間にロードバイクがもっと好きになることだってあると思います。

私はどちらかという後者です^^;

姿勢の基本は前傾姿勢

また、ロードバイクに乗る楽な姿勢というものは人それぞれで違うものです。
もちろん、楽な姿勢というものは存在します。

ロードバイクに乗る基本の姿勢は前傾姿勢です。
そしてできるだけ遠くを見ることがおすすめです。

これは自分自身の矯正でできる部分です。

さらに楽な姿勢を求めるのであれば、スポーツ自転車などの専門店へ行って、しっかりと身長などを測ってもらうことです。

身長によってロードバイクに乗るポジション(サドルの位置など)も変わってきます。

楽な姿勢は初心者と経験者では違う

ただ、初心者が考えている”楽”とロードバイクに長年乗っている人の”楽”では、おそらく違うと思います。

楽といってもロングライドなどをすれば当然疲れますし^^;

クロスバイクやマウンテンバイクもあり

本当に楽を求めるのであれば、ロードバイクよりクロスバイクやマウンテンバイクに乗ることをおすすめします。

それでも、姿勢が疲れるやお尻が痛いということであれば、無理をしてスポーツ自転車に乗るよりも、おとなしくママチャリなどに乗ることがおすすめです。

しかし、ロードバイクに乗っていることでしか得られない楽しさというものがあるんです。

それに、やっぱり街中で見ても、かっこいいですしね^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加