ロードバイクのライト

ロードバイクのライトは、「始めはいらないだろ~」って思っていても、
意外とライトって、すぐに「必要」って思うロードバイクのアクセサリーの一つです。

特に夜にロードバイクで走るのが好きな人にとっては必需品でしょう。
夜の走行に無灯火は交通ルール違反です。

というよりも、ライトは自転車乗りは全員が持っているといってもいいと思います。

ライトは自分が前方を見るために必要というもあるのですが、
むしろ、「ここに自転車走ってるよ~」って周りに気付いてもらうためのものではないでしょうか。

夜って意外と周りは自転車の存在に気付きにくいです。

その為にも、必ずライトは持っておくべきです。

自分のためにも、周りのためにもです。

昨今はロードバイクの事故が多いというのと、自転車のマナーについて、
問われていますので、自転車乗りとしてはしっかりしていきたいところでもあります。

スポンサーリンク

ロードバイクのライトの取り付け

ロードバイク用のライトは幅広く色々な商品があります。
ライトによっては取り付け方もさまざまです。
フロントライトやテールライトなどの種類もあります。

直接ロードバイクに固定するもの、取り外しが可能なもの、ヘルメットにつけるライトやタイヤにつけるライト、LEDのライトなど、たくさんの種類があります。

また、ライトは用途によってもさまざまです。
短距離用、長距離用、などもあります。

あなたの用途に合うようにライトを考慮しながら購入しましょう。
デザインなどは気に入ったものであればなんでもいいでしょう。

しかし、タイヤにつけるライトってママチャリみたいなものを想像していると全く違いますよ。
別物ですから。

めちゃくちゃかっこいいですからね。
ただ、めっちゃ値段が高いです。
ライトというかロードバイクのデザインみたいなものになってますしね(^^;

ロードバイクのライトの角度

夜間に走るロードバイクにライトを取り付けるところまではいいのですが、
この取り付けるライトの角度には気をつけなればなりません。

このライトの角度を間違えてしまうと、ライトが原因で事故につながりかねません。
そんなことが起こってしまうと言語道断ですよね。

ライトは前方10メートルあたりの地面を照らすくらいが、ちょうど良いです。
理由はライトをまっすぐつけると自動車でいうところのハイビームになってしまいます。

ハイビームにしてしまうと、自分自身は前が見やすいかもしれませんが、
対向車はまぶしくて、前が良く見えなくなります。

こうなってしまうと事故の危険性が高まりますよね?
ロードバイクに限らずですが、自転車にライトを取り付ける際には、角度に注意しなければいけません。

ロードバイクのライトはUSB対応が便利

ロードバイクに取り付けるライトのバッテリーですが、
電池式のものから充電式のものまで幅広くあります。

一番おすすめのものはUSBタイプのものとなります。
あくまで個人的なおすすめですが。

USBポートに接続するだけで充電が出来るとめっちゃ楽ですよね。
しかも、これなら、どこでも簡単に充電ができる時代です。

USBタイプの充電式のものじゃないとACアダプターを常に持ち歩くことになってしまいます。
これは面倒だし、ロードバイクの軽量という意味も半減しますよね。

ロードバイクは軽量化で軽くなっているのに、
乗ってる自らが重くしているという・・・

軽くできるものは軽くしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加