【入浴のすすめ】お風呂で得られる3つの効果と注意事項

入浴で得られる効果

お風呂(入浴)に入ることは、体の一日の汚れをとるだけではありません。
入浴することには大きな効果が存在しているのです。

お風呂に入るという行為は必ず誰もが1日1回はすることだと思います。
入浴が嫌いな人もいると思います。

1日で汗をかいたから仕方なくお風呂に入る・・・といった方もいるでしょう。
しかし、入浴には”健康・ダイエット・お肌”への効果が密接に関係しているのです。

体の汚れを取る以外の入浴の効果を知って、意識することで、
お風呂に入ることが億劫にならなくなるかもしれません。

お風呂に入るという行為は、誰にでも死ぬまで一生あることですから、
入浴に関する知識は、今後、知っておいた方がお得だと思います。

お風呂(入浴)で得られる3つの三大効果

温熱効果

湯船(お風呂)の熱さの違いにより、得られる効果が異なります。

もちろん個人差もありますが、一般的に、
微温浴(37~39℃)=精神心的にやすらぎ、リラックスできるといわれています。

高温浴(42℃~)=体は平常の体温を保とうとするため、汗をかきます。
それにより、新陳代謝が促進されます→よってダイエット効果や健康にもいいのです。
また、高温浴にはリフレッシュ効果があるともいわれています。

水圧効果

血行がよくなる。
湯船(お風呂)に浸かることで全身に水圧がかかることになります。

これはある種、体は運動をしているようなものなのです。
体全身に水圧を受けることにより、横隔膜が押し上げられ、普段よりも肺の容量が少なくなります。
これにより、呼吸回数が増えることになり、心肺機能が活発に動くことになります。

これを繰り返し行なうことにより、心肺機能は強くなり、心肺機能が強くなるということは基礎代謝の向上に繋がるのです。

また、水圧効果はマッサージ効果も得られるといわれており、一日の疲れも和らげる効果もあるといいます。

ただ、水圧効果により心肺機能は鍛えられますが、ある程度の負担をかけているということは忘れないで下さい。
無理をすると心肺機能の低下に繋がる恐れもあります。

運動も無理して続けるものではないのと一緒です。
少しずつ毎日、体を慣らしていかなければなりません。

浮力効果

水の中では体は普段の1/9の体重になります。
普段の陸上での生活で感じられないほどの軽さになるということです。

日常の生活の中で気付かないのですが、関節や筋肉は重力による負担がかかっています。
それが、水の中では、その負担から開放されるということなのです。

その結果、体は普段では感じることのできないリラックス状態ができるのです。

全身浴と半身浴

全身浴

全身浴は首までお湯の中に浸かることを指します。

全身浴の効果

全身浴の効果は温熱・水圧・浮力の効果を最大限に得ることができます。
しかし、体への負担も大きいのでお年寄りや心臓(心肺機能)が弱い、または気になる場合はおすすめできません。

また、体への負担が大きい分、長時間の入浴は避けるほうがいいでしょう。

半身浴

半身浴はお腹(みぞおち辺り)まで浸かる入浴になります。

半身浴の効果

体の半分だけの入浴となりますので全身浴に比べて、体への負担が圧倒的に少なくなります。
主に下半身の血行がよくなるため、足のむくみや疲れに効果があります。

また、体への負担が少ないことから長時間の入浴が可能となりますので、お年寄りや心肺機能に不安がある方にもおすすめです。

入浴で注意すること

食事前後と運動後の30分~1時間は入浴を避けることが無難

入浴すると血液は全身に回り、体表に集まります。
これにより、食事の際には胃腸の血液循環が悪くなっており、消化不良の原因になります。

運動後は乳酸などの疲労物質が筋肉にたまっているため、
本来は疲労のたまった筋肉へと血液を循環させるべきはずが、入浴により血液は全身に回ろうとします。
その為、筋肉の疲労が取れにくくなるのです。

入浴の前後には水分補給

お風呂に入ると自身では気付きにくのですが、結構な量の汗をかくことになります。
その為、入浴前後に最低でもそれぞれコップ1杯、理想は500mlの水を前後に飲むのがいいとされています。

お風呂にしっかり入ると、体内からはおよそ800mlの水分が失われているといいます。

就寝の1~2時間前の入浴がベスト

良質な睡眠をとることは、健康・ダイエット・お肌と密接に関係しています。
人間の体は、体温が低下していくと眠くなっていきます。

お風呂から上がったときには普段よりも体温が高くなっており、1~2時間かけて体温は平常に戻っていきます。
この体温の低下の際に、眠りにつくことでより良質な睡眠効果を得られるのです。

まとめ

人それぞれだと思いますが、何気なくお風呂に入っているという方もいると思います。
実際、私はそうでした。

しかし、お風呂に入ることもそうですが、生活のすべてが、健康やダイエット、美、などと密接に関係していることが分かると思います。

理想とするスタイルになるためには、運動もして×食事にも気を遣い×入浴×睡眠と・・・
生活すべてに気を配ることが大切になるのです。

いきなり、全てというのは難しいと思いますし、出来るのなら一番いいのですが・・・
出来ることから始めていくことがおすすめです。

このサイトでは自転車での運動筋トレ健康に関することを、私が調べて、体の仕組みを考えて実践していることになります。

少しでも読んで頂いているあなたの参考になればと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加