ロードバイクの入門

ロードバイク(ロードレーサー)と聞いて、どんな自転車を思い浮かべますか?

スポンサーリンク

ロードバイク(ロードレーサー)とは?

ロードバイク(ロードレーサー)について世間が持つイメージを多くの口コミや評判からチェックしてみました。

危険な自転車

危険な自転車

確かに最近は、ロードバイクやピストバイク、クロスバイクなどが問題になっているのは事実です。
車並みのスピードが出ることから、けがなどでは済まずに死人が出る事故まで多くなっています。

オシャレな自転車

オシャレ

街を歩けば、オシャレな人がロードバイクに乗っているのを見かけたりします。
そういった姿を見て、ロードバイクに乗ってみたいな~っと興味を持った人もいるのではないでしょうか。

競技用の自転車

競技用自転車

ロードバイクは元々は競技用自転車です。
もちろん、今現在も現役で競技用の自転車ですよ。

しかし、だいたい、1990年の後半あたりから日常でもロードバイクが使用されることが多くなってきました。

元々の始まりにはアメリカのメッセンジャーが乗り出したとも言われています。

などなど、さまざまなイメージがロードバイクにはあると思います。

ロードバイクの入門車

ロードバイクに興味をもつと、ロードバイクが欲しくなるのは当たり前ですね。
どんなキッカケでいいと思います。

まずはロードバイクに乗ってみて、自分には合ってないなって思えば乗らなければいいだけの話です。

ポジティブに考えれば、ロードバイクが自分には合っていないということが分かったということが収穫ではないでしょうか(^^;

どんなロードバイクが入門車になるのかを考えました。
ロードバイクって高いモノ(値段が)に、100万円とか200万円とを越えてきます。
いきなり、そんな高価なロードバイクを買うことなんてできませんよね。

まずは、入門車として値段の安いものでも問題ないと思います。
だいたい安価なロードバイクであれば、2万円くらいからあります。
(それでも、初心者やロードバイクについて何も知らない人にとっては高く感じるのではないでしょうか)

しかし、私の本音として安いものや安すぎるロードバイクはおすすめできません。
電化製品と一緒で自転車も値段が高くなるに連れてやっぱり良いものになっていきます。
価格は正直なんですね(^^;

ロードバイクの雰囲気を楽しむといった感じになるのではないでしょうか。
入門車として購入して、ロードバイクライフにハマれば高いモノが自然と欲しくなってくるでしょう。

予算としては10万円くらいをみておくといいと思います。

ロードバイクはママチャリなどとは違いは、細かく身長でサイズが異なりますので、
しっかりと確認しておくことをおすすめします。

デザインなどは好みで選べばいいでしょう。
自分の好きなデザインのロードバイクの方が乗っていて楽しいですからね。

ロードバイクの入門メーカーとかあるの?

ロードバイクにはメーカー(ブランド)があります。
しかし、入門用メーカーというものはありません。

初心者はこのメーカーあたりから入門が良いのではないかなというものはあります。
私の主観の部分もありますので、良い部分だけ参考にして頂ければ光栄です。

GIANT/ジャイアント

GIANT=ジャイアント

台湾のメーカーで、ロードバイクに乗っている人であれば、ほとんどの人が知っているメーカーです。
値段の割りにコストパフォーマンスに優れているという印象ですね。

BIANCHI/ビアンキ

BIANCHI=ビアンキ
イタリアのメーカーになります。
このビアンキというメーカーもかなり有名です。
チェレステ”と呼ばれる明るい若草色がカラーシンボルとなっているメーカーです。

こちらもロードバイクやピストバイク、クロスバイクに乗っている人であれば、必ず知っているメーカーだと思います。

それもそのはずで、”ビアンキ”は自転車メーカーでは老舗ブランドなんです。
おそらく、現存している自転車のメーカーでは最古だと思います。

たまに、ビアンチと間違って読む人がいらっしゃいますが・・・正式にはビアンキと読みます。

LOUIS GARNEAU/ルイガノ

LOUIS GARNEAU=ルイガノ

ルイガノはカナダのメーカーになります。

このメーカーの良いところは”オシャレ”というところです。
街乗りに最適で、カラーバリエーションなど一番豊富ではないでしょうか。

紹介した3つのメーカーはどれも一流ブランドだと思います。
自転車乗りであれば、だれもが知っているメーカーです。

ロードバイクの入門は10万円以下から

やっぱり、入門というところで10万円以下のロードバイクを探しているのではないでしょうか。
ロードバイクの入門車のところでも書いていますが、予算は10万円というのが妥当なところです。

値段による違いはなんなのかというところなのですが、
10万円以下のロードバイクは材質が違うんです。

高いロードバイクになるとクロモリフレームと呼ばれるロードバイクで使用される最高の素材が使われていることがほとんどです。
このクロモリの最大の特徴は軽いというところなんです。

しかし、10万円以下になると、ほとんどのロードバイクやピストバイク、クロスバイクの素材は、アルミ素材となります。
それでも、ママチャリなどと比較すると、めちゃくちゃ軽くてびっくりすると思います。

5万円以下になると見た目がロードバイクの形をしているだけで、中身はママチャリと大差のないものがほとんどになるので、やっぱり、ロードバイク本来の楽しさを味わうためには、10万の予算を見ておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加