ロードバイクのメーカー

ロードバイクのブランド

ロードバイクの購入を決めると色々と調べると思います。
どんなロードバイクを買おうかなとか、デザインや乗り心地など気になることが多いですから。

ロードバイクは、基本的に国内メーカーよりも国外のメーカーの方が有名です。

元々、日本でロードバイクが流行ったのも海外のメッセンジャーがきっかけになったとも言われているので、考えてみれば当然のことかもしれません。

それに、日本では土地が狭いので十分に自転車が乗れる環境ではないということが、
かなり影響していると思います。

国やメーカーによって、それぞれの特徴などがあるので、
覚えておいた方がロードバイクがより楽しくなります。

いっきに色々と覚えるのは大変ですので、
少しずつ覚えていけば、気付いた頃には、結構な知識になっているはずです。

スポンサーリンク

ロードバイクのメーカー 日本

日本のロードバイクのメーカー、いわゆる国産ブランドになります。
車で言うと、トヨタとか日産とかですね。

自転車の場合は、日本メーカーだからといって日本で作られているわけではないので解釈が難しいところですが。。製造が中国とかいう場合も結構あります。

日本のメーカーで有名なところといえば、

FUJI(フジ)

競技用のものから街乗りのものまで幅広くラインナップしていて、
100年以上の歴史をある世界に誇る日本メーカーではないでしょうか。

ただ、フジ→富士の名前でも分かるように創業は日本なんですが、
今はアメリカ資本となっています。

ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクetc.様々なスポーツバイクを扱っています。
世界のライダーにも愛されているメーカーであり、自転車のレースでも賞などをとっています。

ANCHOR(アンカー)=ブリジストン

ANCHOR(アンカー)=ブリジストンも日本のメーカーの中では評価が高い一つになります。
この日本メーカーも伝統があります。

自社の中で”チームブリジストン・アンカー”というチームももっており、
ロードバイク・MTB・BMXなどの複数のカテゴリーで選手も抱えています。
そういったことからも自転車へのこだわりが伺える日本屈指のメーカーですね。

また、”日本でプロ契約をするならブリジストン”とまで言われているようです。

Panasonic POS=パナソニック

電化製品のイメージが強いパナソニックですが、自転車の製作・販売もしています。
意外ですよね。

過去にはツール・ド・フランスに出場していたんですよ。

自転車の完成品を販売しているというよりは、フレームオーダーなどを販売・製作しているイメージがあります。
カラーバリエーションがかなり豊富です。

ここまで、紹介したロードバイクの日本メーカーは自転車乗りであれば、
かなり有名で評価も高いものだと思います。

ですが、まだまだ日本のメーカーにはたくさんあります。
例えば、”MIYATA自転車(ミヤタ)・YONEX(ヨネックス)・INTERMAX・杉村商店”などなど、
このほかにもたくさんあります。
INTERMAXは元プロ選手の今中大介氏がプロデュースするブランドとなります。

ロードバイクのメーカー アメリカ

アメリカの自転車メーカーも多々あります。
しかし、アメリカメーカーの自転車の人気はヨーロッパほどでないというのが実情です。

CHEVROLET(シボレー)

キャデラックと同じアメリカのゼネラルモータースの自動車製造会社のブランドです。
こちらも意外かもしれませんが自転車も製造しているんですね。

キャノンデール

元々はかばん屋さんです。
かなり変わった経歴のアメリカのメーカーですね。

しかし、アルミ素材のロードバイク(フレーム)の印象が強かったのですが、
最近は、カーボンフレームなどでも製造しています。

色の派手さで日本国内では若い人を中心に人気があります。
値段はだいたい10万~20万のモデルが多いことも人気になっている理由ではないでしょうか。

ルイガノ

ルイガノもアメリカのメーカーです。
ルイガノの創業者は自転車競技出身です。
なにか安心感がでてくるのはなぜでしょうか(^^;

デザインや価格帯の性能などから、若者中心に人気のあるロードバイクのアメリカブランドです。

ロードバイクのアメリカブランドもこのほかにもたくさんあります。
トレック・フェルト・スラム・スペシャライズド・ハマーなどもアメリカの自転車ブランドですね。

ロードバイクのメーカー イタリア

イタリアのメーカーはかなり多いです。
それもそのはずで、ヨーロッパではロードレースが最も多く開催されている国ということが理由でしょう。

コルナゴ

世界一の自転車メーカーと聞かれたときに答えるくらい有名なロードバイクのイタリアメーカーです。
数千人のプロライダーを抱えるすごく大きなメーカーでもあります。

コルナゴ=エディ・メルクス選手というイメージですね。

もちろん、コルナゴは日本でも人気のメーカーですが、比較的価格が高いんです。
そういった理由から若者ではなく、自転車にハマッて、それなりの経験をもつ中高年の方のライダーが多いです。

GIOS(ジオス)

GIOSは創業者のトルミーノ・ジオスからきています。
なんといっても「青!」のイメージです。

あまりレースの中では見ないような気がします。
しかし、知名度はコルナゴと並び、かなりあります。

街中でよく見る印象があり、やっぱり「青!」って感じですね。
ジオスブルー”という言葉があるくらいですから。
シンボルカラーです。

ビアンキ

現存する自転車メーカーの中では一番古いメーカーで、老舗ブランドです。
創業は1885年で120年ほど経っているいますからね。

ビアンキの代名詞は”チェレステ”と呼ばれる薄い緑色の車体カラーが有名です。
街中でも一目でわかるビアンキカラーです。

ビアンキはロードバイクだけでなく、クロスバイクやマウンテンバイクはもちろん、折りたたみの自転車まで、幅広く取り揃えており、総合自転車メーカーです。

見た目がおしゃれで、ビアンキもかなり街中ではよく見るロードバイクです。
やっぱりおしゃれな人がよく乗っているイメージですね。

イタリアの自転車メーカーは本当に多く、
”ウーゴ・デ・ローザ・エ・フィーリ・カンパニョーロ”や、自動車などで馴染みのあるような、”アルファロメオ・フェラーリ・フィアット”なども自転車の製造をしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加