道路交通法が改正され自転車の交通ルールの変更、違反した際の有料講習とは?

自転車交通ルール

2015年6月1日に道路交通法が改正されて、
これまでの自転車の交通ルールは変更となりました。

新しい仕組みは、
「14歳以上の人が、14類型の『危険行為』で3年間に2回摘発されると、3時間の有料講習が義務づけられる」
というものになります。

スポンサーリンク

道路交通法(自転車のルール)改正 14項目の危険行為

14類型の危険行為は以下となります。

1.信号無視
2.通行禁止違反(立体交差や橋、トンネルとか)
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反(自転車は左側通行)
5.路側帯の歩行者妨害(逆走禁止)
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等(左の車両が優先)
8.交差点での右折車妨害(自転車は二段階右折)
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害(自転車が走っていいのは幅3m以上の歩道だけ)
12.ブレーキのない自転車運転(ピスト)
13.飲酒運転
14.安全運転義務違反(傘さし、無灯火、イヤホン、スマホ)

3時間の有料講習とは

この度の、道路交通法の改正によって、自転車のルールは赤切符2回で講習が義務づけられました。
有料講習の手数料は5700円となります。
(手数料については内閣が決めた国の標準額で1900円×3時間となっているようです)

受講命令に違反した場合は5万円以下の罰金。
ちなみに都内では講習に3施設を予定しているとのこと。

3時間の講習内容

まずは、20分間の小テストで交通ルールの理解度を試されるようです。
ある意味、ルールのおさらいですね。

そして、被害者や遺族の体験談を紹介。
運転の社会的責任と、人生設計のリスクといった講義、受講者同士での安全運転への討議などを行なうといいます。

さらに、その後に再度、理解度を試す再テストを受け、講習の感想文を発表するという流れとなっているようです。

まとめ

自転車には、車のように運転免許というものがなく、
乗っている人も交通ルールは曖昧になっているのも事実だと思います。

ときには大きな事故に繋がる危険があります。
もちろん、命の危険性までもがあるのです。

歩行者でもなく車でもないという意識をしっかりともつことが重要です。
自転車に自転車の交通ルールがあるということです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加