ダイエットをするということは体を健康な状態にするということ?

体の健康を気遣う

『ダイエットをしよう』ということは、太っているor見た目には太っていないが体脂肪(メタボリック)が気になるという悩みを持っている。ということだと思います。

メタボリックシンドロームが発症しやすい7つの生活習慣

体が太っている状態(肥満)や逆に痩せ過ぎている状態は、
違う言い方をすれば=不健康な状態だということです。

すなわち、太っているという状況であれば、
体を健康な状態へもっていくということがダイエットの基本なのです。

つまり、健康な状態の体を常に意識することで、
自然とダイエットは成功するということになります。

スポンサーリンク

健康な体を意識する⇒ダイエットしている

例えば、運動不足は不健康な状態です。
健康を意識するのであれば、運動をしなければなりません。

有酸素運動・無酸素運動はどちらでも構いません。
しかし、どちらか一方のみをすることは不健康へと繋がります。

ならば、適度にどちらもするという選択肢しかありません
これが健康を意識するということです。

適度にどちらの運動もバランス良く取り入れることが出来るのが自転車での運動になります。
自転車の運動は最高級の有酸素運動にして、筋肉も体全身の70%を使う運動だからです。

もちろん、自転車で有酸素運動をメインにして、
足りない部分を腕立て伏せや腹筋などの無酸素運動で補うということが最適になります。
有酸素運動だけでは理想とする体にはなれないのです。

こういった運動をすることで体は健康な状態へ徐々に向かっていきます。

次に、運動をすることで体はエネルギー(カロリー)を消費をします。
では体にエネルギーの補給をしなければなりません。

好きなものばかり(お菓子やジュースなど)を食べることは不健康です。
好きな食べ物が栄養のバランスが取れているものであれば最高なのですが・・・そう簡単にはいきません^^

しっかりと栄養のバランスを考えて食事を取らなければなりません。
一日ではなく毎日です。

もちろん個人差はありますが、一般的に一日の摂取カロリーはだいたい2000kcalくらいです。
2000kcalくらいの摂取カロリーを守らなければなりません。

摂取カロリーは”基礎代謝と運動での消費カロリーなどの足し算や引き算”が必要となります。
しっかりと計算することで健康な体へと向かっていきます。

こうすることで、さらに健康な状態をキープできるようにもなります。
健康な体作りをしていることとダイエットは、基本的には同じことなのです。

スタイルの良い体と健康は違う

しかし、スタイルの良い体は、
例えば、ボディービルダーのバキバキの筋肉や女優のようなスレンダーな体は必ずしも健康な状態であるとは言えません。

体脂肪と健康とスタイルの関係

バキバキの体は体脂肪が恐ろしく少ない状態です。
この状態というのは風邪をひきやすい状態となります。

女優のようなスレンダーなスタイルは、
無月経などが起きるリスクがあります。

体脂肪とは=体重の中で脂肪が占める割合のこととなります。

日本人の理想体脂肪率は、

男性=15~20%
女性=20~28%

とされています。

しかし、この数値を鵜呑みにすると、健康的な体にはなりますが、
スタイルが良いというのは、別の話であるということは理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加