自転車の運動で腹筋は鍛えられるが6パックは難しい

腹筋をきたえる

自転車(ロードバイクなどのスポーツバイク)を漕ぐ体勢などからは想像がしにくいかもしれません。

自転車を乗ることによって腹筋は鍛えることが出来ます。

ただ腹筋をシックスパック=割る=つまりバキバキの腹筋になるということはちょっと難しい・・・かもしれません、ただ無理というわけではありません。

普通に考えると足が鍛えられるように考えられます。
(もちろん足の筋肉も鍛えられます^^)

そのため、やっぱり、よく女性の方から私も聞くことがあります。
自転車ダイエットは足が太くなるから嫌だ」ということです。

はっきり言って、自転車ダイエットで足は太くなりません
むしろ、足は細くなります。

自転車の運動により、足が鍛えられて引き締まるのです。
(坂道中心のサイクリングコースばかりの場合は別ですが・・・)

おそらく、そういった疑問は競輪選手の足などを想像しているのでしょう。

スポンサーリンク

競輪選手の運動と自転車運動は違う

競輪選手の足の筋肉の作り方

競輪選手というのは短い距離をすごいスピードで走ります。
この”短距離を走るスピードを鍛える”というのは、無酸素運動となるため筋肉が発達するのです。

しかも、競輪選手は、
自転車でのトレーニング以外にも、筋力アップのトレーニングを行なっています。

一般的な自転車運動とは

一般的に自転車で”体を鍛える・体を作る・ダイエットをする”というのは有酸素運動になります。
有酸素運動と無酸素運動では根本的に鍛える筋肉が違うのです。

・有酸素運動で使用される体のエネルギーは”糖質”と”脂肪”
・無酸素運動で使用される体のエネルギーは”糖質のみ”

自転車の運動で腹筋は鍛えられる

自転車運動で腹筋を鍛えることができるのです。
それは自転車の運動ではインナーマッスルも鍛えられるからです。

しかし、自転車に乗って、腹筋を鍛える際には、自転車に乗る正しい姿勢(フォーム)が重要になってきます。

※堅く考えず、意識することで改善されていきますので、意識し過ぎる必要はありません。

シティサイクルとスポーツサイクル

ママチャリなどのシティサイクルでは不可能ではありませんが、スポーツサイクルと比べると少し難しいと思います。

スポーツサイクルとはロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・シングルスピードなどの自転車です。

その理由は、シティサイクルという自転車は基本的にはお尻のみで体を支えているからです。

シティサイクルとスポーツサイクルの姿勢の違いを想像してみて下さい。

体を作るには自転車に乗る正しい姿勢が重要

スポーツサイクルの方がかなり前傾姿勢です。
この前傾姿勢に腹筋を鍛える効果があるのです。

自転車の運動で鍛えられる・使用する筋肉は全身の約70%です。

もちろんシティサイクルでもサドルを上げることで可能となります。

サドルの高さは、座ったときにギリギリ足のつま先が地面に着くくらいに調整して下さい。

このサドルの高さにすることで、シティサイクルでも腹筋を鍛えることができるようになります。

そのサドルの高さが自転車に乗る正しいフォームを作る第一歩です。
これが出来ていなければ元も子もありません。

自転車運動のみで腹筋を割るのは難しい

自転車での運動で腹筋を鍛えることは可能です。
そして体脂肪が燃焼することによって体もスリムになっていきます。

しかし、自転車での運動は有酸素運動です。

有酸素運動のみで腹筋を割る・6パックの腹筋を手に入れることは非常に困難なのです。(6パックになることは体脂肪が10%未満となります←しかもこれでなんとか6パックという感じですからね)

ほぼ不可能といっても間違いないかもしれません。

有酸素運動により、体脂肪は減りますが、肝心の腹筋(筋肉)が適度に鍛えられていないと浮き出ることはできないのです。

割れた腹筋と割れていない腹筋の違いを知り腹筋を割る方法を知る

適度に有酸素運動も行い無酸素運動も行なうことが大切になります。

併せてプロテインなどを摂取することで効率良く筋肉を付けることが出来る様になるのではないでしょうか?(私は自転車に乗る運動を最大限に体感したいのでプロテインを摂取していますからね)

ダイソー(100均)でプロテインを飲むシェイカーを購入

代表的なプロテインの3種類/目的で使い分ける効果や違いとは?

理想的な体つき・スタイル

また、スタイルの良い体つきにおいて、腹筋だけに筋肉がつきまくっているというのは考えにくいので、やはり全身の筋肉を適度に鍛えるということが必要になります。

筋肉に必要なサプリメントおすすめ人気ランキング『筋トレをムダにせず筋力をつける!』

そして身体を作る為の食事・栄養管理等にも気を配る必要があります。

自転車だけ(のみ)のトレーニングで腹筋を鍛える”6パック”を目指すのはかなり難しいということなんです。

自転車の運動にプラス腹筋に負荷をかけるトレーニングを併せることが良いと思います。

参照記事⇒腹筋ローラーで腹筋を鍛える!

ただ・・・「腹筋ローラーでは腰が痛い・・・」といった方にはテレビCMなどでも宇梶剛士さんや剛力彩芽さんが宣伝されている腹筋ワンダーコアワンダーコアスマートなども良いのではないでしょうか。

自発的に腹筋に負荷をかける筋トレを行うことが難しいといった際にはロナウドがCMしており有名になった着けているだけでEMSトレーニングを簡単に取り入れることが出来るSIXPAD(シックスパッド)なども良いかもしれませんね。

シックスパッドの愛用者や購入者による口コミや評判をチェックしました。
参考⇒シックスパッド(SIXPAD)口コミ評判、効果は?通販できる販売店は?

つまり有酸素運動と併せて腹筋に負荷をかけるような無酸素運動(筋トレ)も取り入れることが6パックには必要になるわけです。

コスパ的にも腹筋への負荷を考えても私は腹筋ローラーがおすすめです。
私も腹筋ローラーは適度に実践していますが腹筋への負荷が凄いですからね・・・。

また現在ライザップでは無料で体作りについてのカウンセリングを行っていますので一度診断してもらうのも良いですね。

無料で体作りのプロに、

  • アドバイスを貰えたり
  • 診断してもらえる

というのはかなりの価値があると思います。

【ライザップ無料相談予約】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加