自転車を1時間漕いで(乗って)消費するカロリー数は体重&季節によっても違いあり?

自転車1時間乗ってのカロリー消費量が知りたい

自転車に1時間乗って(漕いで)消費するカロリー数は、現在の体重によって異なりがあります。

自転車の有酸素運動のカロリー消費数とその効果

理想の体の作り方は基礎代謝と摂取カロリーを知ることが重要

また自転車を漕ぐ速度によっても違いは出てきます。

例えば、体重50~60キロの人で自転車時速20キロで漕ぐとすると、

「1時間=400~500キロカロリーの消費」

とこんな感じです。

スポンサーリンク

体重だけじゃない!季節(気温)による消費カロリーの違いとは?

自転車の乗って減るカロリーは体重&気温で違う

絶対の数字を出すのは不可能ですので、季節にも寄りますし、冬場などであれば自転車を漕ぐ+身体を温めようとする機能でカロリー消費は普段よりも増えます。

夏場であれば体温を下げようとする機能でカロリー消費量は増えます。

ちょうど良い気温がもっともカロリー消費させるには向いていないとも言えますが・・・何もそれがデメリットというわけではなく、その分体の調子も良いでしょうから長い距離自転車が乗れるかと思います。

いつものコース+ちょっと寄り道みたいなことをしても意外と体は疲れないということもあります。

そういう経験は誰でもあると思います。
「いつもと同じことをしているのになぜか今日は調子が良いみたいな」
実はそれは気温も関係していたりするわけです。

意識しない自転車のスピードを体感で知る

常に自転車のスピードを意識するのは面倒くさいです。

いちいちスピードメーターを見て「今時速〇キロだから・・・」とか、危ないというのもありますし・・・^^;

ちょっとスピード速いかな?で時速20キロ前後

(自転車を乗っていてスピードが)だいたいちょっと早いかなっと思うくらいの早さで、時速18~21キロくらいになるかと思います。

私自身が自転車に乗ってなんとなく計ってみたところ調べでです。

かなり速いスピードで時速30キロ前後

でかなり早く漕いで、このスピードでずっと走るのはつらい・・・かな?っと思うスピードで時速30キロ前後という感じです。

それでも下手したら時速30キロも出ていないということさえあります。
自転車の時速30キロは相当早いです。

で時速30キロ前後で自転車を漕ぐと結構危険かと思います。

正直急に止まるのは難しいかと思うので街中で出すスピードではありません。

時速20キロでも人通りが多いところでは結構危ないかとも思うくらいのスピードです。

普通に自転車を漕いで時速12~13キロという感じかと思います。
だいたいそれくらいが街中で自転車を漕いでいる人のスピードとなるかと思います。

適当なスピードで1~2時間ほど自転車に乗るのがおすすめ

体作りやダイエットに自転車を取り入れる際にあまり、力み過ぎると長続きしないと思いますのでなんとなくでも良いので、とりあえず続けることを意識するのがおすすめです。

私は適当なスピードで1~2時間ほど自転車に乗るのがおすすめです。

それでだいたい消費カロリーは400~500、600くらい消費しているかな?という感じかと思います。

体作り・ダイエットにプロテインがおすすめ

リバウンドしない体作りダイエットにプロテインがおすすめ

プロテインを摂取することで要領良く身体を作っていくという^^

粉末プロテインを飲むのもOKですし、プロテインサプリを飲むのもOKです。

代表的なプロテインの3種類/目的で使い分ける効果や違いとは?

DNSプロテインホエイ100(カフェオレ風味)私の口コミ体験レビュー・感想

筋肉増強プロテインサプリメントおすすめ通販人気ランキング『バルクアップ効果効能を実感!』

体重が減ったというだけでは実際見た目に変化がないということもあります。

体の見た目の変化は体脂肪率が大きく関係してきます、つまり筋肉量が非常に重要となるのです。

また筋肉量が少ないとリバウンドしやすい体となります。

ですから、その時は体重が落ちたとしても、体重だけを落とす体作り・ダイエットは以後どんどんと太りやすい体を作っていくということになります。

将来的の自分を自分で苦しめているという結果になるのです。

ですからプロテインがおすすめというわけです。

ただ無理にプロテインを摂取する必要はありません、食事制限でしっかりと賄えるというのであればそれも良いと思います。

ただ・・・これだけ体作りに興味をもち、色々と取り組んでいる私がプロテインはおすすめだということはやっぱりそれなりの大きな理由があるのです。

腰が痛い人必見、腹筋ローラーの正しい使い方

レッグマジック口コミ&効果的な使い方・やり方って?痩せたor痩せない?

【筋トレ取り組み】筋肉増強はスローが効果的!腕立て伏せ・スクワット・腹筋をゆっくりと!

食事制限だけで栄養バランスを整えるというのは非常に難しいのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加