【自転車のパンクをDIYで修理】シティーサイクルよりスポーツサイクルがおすすめ

自転車のパンクDIY

-自転車のパンク修理・DIY(DO IT YOURSELF)-

自転車に乗っていると、
何かとトラブルになることがあると思います。

トラブルの中でも一番多いと思われるものは、
タイヤのパンク(チューブに穴が空く)だと思います。

次にチェーンが外れるというのもよくありますね。
自転車に乗っている最中にチェーンが外れると焦りますよね。汗

自転車のトラブルではこの2つが一般的に多いと思います。
私も何度と無く経験しています。

ロードバイクやシングルスピードやクロスバイクといったスポーツサイクルでなくても、
ママチャリなどシティサイクルに乗っている人でも、この2つのトラブルは9割り遭遇していると思います。

スポンサーリンク

自転車のパンクをDIYで修理

スポーツサイクルに限らず、
シティサイクルでもDIYでパンクを直すことは可能です。

自転車屋さんのパンク修理とDIYのパンク修理

自転車屋さんで直すよりも価格的にも安上がりとなります。
若干面倒ではありますが・・・

パンクの修理も住んでいる地域によって価格の相場に差がありますね。

300~500円のところもありますが、
一般的には1000円前後くらいかと思います。

これが自分でパンクを直すと、新品のチューブ1本で1000円くらいになります。
驚愕ですよね。

自転車のパンクをDIYすると新品になるわけですから。
かと言っても決して自転車屋さんは”ぼったくり”というわけではありませんよ。

自転車屋さんもパンク修理に必要な工具などを揃えなければなりません。

一般家庭では所持することは考えられない、めちゃくちゃ楽な空気入れも買わなければなりません。

そういった部分を含めてのパンク修理1000円となっているのです。
経済が回っていますね。

私も自分の自転車のパンク修理が面倒なときなどは、
自転車屋さんで修理してもらいますから。

DIYのパンク修理で必要な工具

タイヤのパンクを修理するには、
まずは工具を揃える必要があります。

インターネットの通販で全て簡単に揃えることが出来ます。
(本当に便利な世の中になりすぎて逆に怖いですね)

価格も2000円ほどで新品のチューブまで揃えることが出来ます。
やっぱりパンクを修理する労力だけが問題ということですね。

用意するものは、

  • タイヤレバー(ホイールからタイヤを外すもの)
  • 新しいチューブ

新しく揃えるものはこれだけではないでしょうか。
たった2つです。

パンクの修理の仕方で準備は異なる

当たり前ですが、
もちろんパンクの修理の仕方にもよります。

新品のチューブに交換せずに穴を塞ぐだけの修理であれば”パッチセット(自転車パンク修理セット)”みたいなものが必要になります。

穴を塞ぐだけのパンク修理・・・
一般的に自転車屋さんがパンク修理をしてくれるときみたいな感じです。

  1. タイヤを外す
  2. →チューブを取り出す
  3. →水の中にチューブを入れて空いた穴を探す
  4. →ヤスリをかける
  5. →パッチを貼る

といった流れで自転車屋さんは修理してくれますよね。

シティーサイクルとスポーツサイクル

実はシティーサイクルからタイヤを取り外すという行為は、
結構面倒臭いんです。

簡単に言うと自転車の作りが頑丈に出来ている(シティーサイクルなどは)のが理由です。
安全といえば安全なのですが・・・

その反対にロードバイクやクロスバイクは走るために作られた自転車ですので、
自らで修理することも容易にできるのです。

そういったスポーツサイクルの中でも一番簡単にパンク修理やさまざまなカスタムができるのがシングルスピードになります。

シングルスピードには変速ギアなどがない自転車の総称になるのですが、
自転車の作りがめちゃくちゃシンプルに出来ています。

走るときも変則ギアがないため、
ギアについても考える必要がなくシンプルになります。

ゆえにシングルスピードの自転車が一番簡単にDIYすることが出来るのです。
DIYやカスタム目的といった場合はシングルスピードを購入するのがおすすめです。

※シングルスピードはピストバイクと呼ぶことがありますが、
厳密に言うと同じものではありません

自転車(スポーツサイクル)のDIYパンク修理

自転車のフレームからタイヤ(ホイールごと)を外す
→ホイールからタイヤをはずす
→チューブを取り出す
→新品のチューブと取り替える
→元に戻す(今までの工程を反対から)

これで自転車のDIYパンク修理が完了です。
簡単に書きましたが、自転車のパンクのDIYは本当に簡単なのです。

パンク修理は慣れていなくても1時間くらいあれば出来ると思います。
慣れれば10分くらいで出来ます。

ただ、面倒といった理由だけですね。

DIYパンク修理の動画

とてもわかりやすいパンク修理の動画を見つけました。
これは非常に参考になります。

キャノンデール(cannondale japan)の山本和弘選手が教えてくれています。
これはすごく分かり易いです。

キャノンデールとは自転車のメーカーとなります。
参考:ロードバイクのメーカー

弱虫ペダルで手嶋純太が乗っているメーカーの自転車(愛車)です。
参考:弱虫ペダルの登場人物の愛車ロードバイク

オリエンタルラジオのあっちゃんやチュートリアルの福田さんが乗っているブランドでもあります。
参考:ロードバイクが好きな芸能人

シティサイクルのパンク修理はおすすめできない

しかしシティサイクルのDIYでのパンク修理はかなり面倒です。

ホイールごとはずすというのはきついです。

シティサイクルのパンク修理になると、
チューブごとではなく、基本的には穴を塞ぐといったパンク修理がおすすめです。

私もシティサイクルのパンク修理は一度だけしましたが、
楽しくなかったですね・・・

ただの自転車のパンク修理っていう感じです。

あと、シティサイクルで変則がついているもの(リア/後ろのタイヤ)はもっと結構厳しいと思います。
理由は”変則”の付き方になります。

シティサイクルのパンク修理をDIYしようとする人なら、
スポーツサイクルを購入して、色々といじったりすることが向いている人かもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加